米バークシャー:チャーター株保有、ディレクTVの持ち株減少

著名投資家で資産家のウォーレン・ バフェット氏が率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは米 インターネット通信サービス会社チャーター・コミュニケーションズの 株式を保有しているとともに、米衛星テレビ大手ディレクTVの持ち株 を減らしたことを明らかにした。同氏の補佐役が有料テレビ業界への投 資資金配分を見直している。

米証券取引委員会(SEC)に14日提出した資料によると、バーク シャーは6月末時点でチャーター株を約230万株保有。これは同日のニ ューヨーク市場での株価終値に基づくと、約3億6100万ドル(約370億 円)相当となる。ディレクTV株は1100万株減の2350万株となった。

バフェット氏と補佐役は新たな投資を続けているが、株価評価の急 上昇を背景に株式取得のペースは今年に入って鈍っている。同氏らは一 部銘柄も手放している。こうした影響でバークシャーの手元資金は6月 末時点で過去最高の555億ドルに膨らんだ。

バークシャーの会長兼最高経営責任者(CEO)としてバフェット 氏(83)は長い間、企業買収と集中的な株式投資に力を注いできた。バ ークシャーの1192億ドル相当の株式ポートフォリオではウェルズ・ファ ーゴとコカ・コーラ、アメリカ ン・エキスプレス(アメックス)、 IBMへの投資が60%近くを占めている。

原題:Berkshire Discloses Charter Communications Stake, Cuts DirecTV(抜粋)

--取材協力:Zachary Tracer.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE