イラクのマリキ首相が辞任-アバディ氏への支持表明

イラクのマリキ首相は14日、辞任に 同意し、次期首相に指名されたハイダル・アバディ氏に道を譲ることを 明らかにした。

マリキ氏はアバディ氏と並んでテレビ演説を行い、流血の原因とな ることを望まないと述べ、「政治プロセスと新政権の発足を前進させる ため」首相続投を断念すると表明。アバディ氏の首相指名については、 イラクにとってより大きな利益をもたらすと指摘し、他の議員にはイラ ク憲法の順守を求めた。

今回の動きで政治的行き詰まりが解消され、アバディ氏は同国北部 に侵攻するイスラム教過激派により効果的に反撃できる挙国一致の政権 をまとめることが可能になる。

武装組織「イスラム国」はイラク北部で勢力範囲を拡大し、モスル に近い町や主要なダムを制圧しており、少数派のヤジディ教徒やキリス ト教徒数千人がシンジャル山に逃れている。マリキ氏のかつての支持者 の間からも、政治的行き詰まりがイスラム国の進出を招いたとて同氏を 批判する動きが出ていた。同氏が率いるアッダワ党は政治指導者らに首 相交代を呼び掛けていた。アバディ氏は9月半ばまでに組閣する必要が ある。

原題:Maliki Resigns as Iraqi Prime Minister to Make Way for Abadi (1)(抜粋)

--取材協力:Terry Atlas、Khalid Al-Ansary、Gregory Viscusi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE