NY原油(14日):急反落、ユーロ圏経済の回復足踏みを嫌気

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は急反落。世界的な供 給超過の兆しがあるなか、ユーロ圏の景気回復が足踏みしていることを 嫌気した。ロンドンの北海ブレント原油は1年1カ月ぶり安値。

ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の石油市場調査グローバル 責任者、マイク・ウィットナー氏は「原油市場は供給超過だ」と指摘。 「大西洋側の原油在庫は潤沢だが需要はさほど強くない。米国でも供給 は十二分にあり、世界中どこでも十分足りている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比2.01ドル(2.06%)安の1バレル=95.58ドルで終了。ロンドン ICEのブレント9月限は2.27ドル下げて102.01ドル。

原題:Brent Oil Tumbles to 13-Month Low on Europe Economy; WTI Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE