バフェット氏の米バークシャー、株価が初の20万ドル超え

14日の米株式市場で、米投資・保険 会社バークシャー・ハサウェイの株価が初めて20万ドルを突破した。同 社を50年近く率いるウォーレン・バフェット会長の資産構築に向けたビ ジョンの正当性があらためて示された格好だ。

ニューヨーク時間午前10時15分現在、バークシャーのクラスA株は 前日比0.2%高の20万85ドル。この株価は、米証券取引所の上場株式で 2番目に価格が高い農業・輸送関連会社シーボードの60倍を超えてい る。

アップルやウォルマート・ストアーズなど他の大手企業が実施した 株式分割を、バフェット氏は避けている。株価が高ければ、短期的な投 機を仕掛けにくくなるというのが理由だ。このほか配当実施への呼び掛 けにも応じず、自社株買いもめったに行わない。こうした方針の下、同 氏は買収や投資銘柄の選択を通じてバークシャーを時価総額で世界5位 の企業に育てた。

バークシャーの従業員数は2013年末時点で33万人余りに増えた。ま た昨年の純利益は195億ドル(約2兆円)と、06年の110億ドルから拡大 している。

原題:Berkshire Climbs to $200,000 a Share, Extending Buffett’s Record(抜粋)

--取材協力:Whitney Kisling、Andrew Frye、Nick Baker.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE