ウォルマート:通期利益見通し下方修正-既存店売上高横ばい

小売最大手の米ウォルマート・スト アーズは、通期利益見通しを引き下げた。医療費負担が増えたほか、大 型店舗での客足の鈍さを要因に挙げた。今月1日までの第2四半期の既 存店売上高が横ばいだったことも明らかにした。

14日の同社発表によると、2015年1月期の1株当たり利益は4.90 -5.15ドルとなる見通し。従来予測は最大5.45ドルだった。

第2四半期利益は1株当たり1.21ドルと、ブルームバーグがまとめ たエコノミストの予想平均と一致。売上高は前年同期比2.8%増の1201 億ドル。オンラインや新規オープンした小型店での販売が寄与した。既 存店売上高は会員制量販店サムズクラブを含め横ばいだった。

原題:Wal-Mart Cuts Profit Forecast Amid Slow Sales, Health Costs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE