インドネシア中銀:政策金利を7.5%に据え置き-予想通り

インドネシア中央銀行は14日、主要 政策金利を9会合連続で据え置いた。経常収支の赤字状態が継続する 中、中銀が景気のてこ入れに向けて借り入れコストの低減を図る余地は 限られている。

インドネシア中銀は政策金利のレファレンス金利を7.5%に維持。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、28人全員 が据え置きを予想していた。預金ファシリティー金利(FASBIレー ト)も5.75%に据え置かれた。

原題:Indonesia Holds Key Rate as Current-Account Deficit Persists(抜粋)

--取材協力:Herdaru Purnomo、Andrew Janes、Manish Modi、Yoga Rusmana.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE