南麻布の地下に巨大貯水池-豪雨増加に取り組む東京都の水害対策

各国の大使館が並び、高級住宅街 としても知られる東京都港区の南麻布や麻布十番地区。これまでに何度 か豪雨発生時に水害に苦しめられたエリアでもある。渋谷を起点に麻布 を抜けて東京湾へと流れ込む古川(上流部分は渋谷川)の地下では、浸 水被害を防ぐために水を溜めるトンネルの建設が進められている。

東京都は2016年の完成を目指し「古川地下調節池」の建設を進めて いる。古川のうち恵比寿周辺から古川橋を経て一の橋までの3.3キロメ ートルの地下に、直径7.5メートルのトンネルを設置し水を貯留する総 事業費245億円の施設だ。この貯水トンネルには、13万5000立方メート ル、オリンピックの試合で使う50メートルのプール52杯分の水を貯める ことができる。

東京都の資料によると、2004年10月の台風の接近に伴う豪雨では東 京メトロ南北線の麻布十番駅の地下ホームが冠水し、地下鉄が2時間運 休するなど、古川の流域では過去15年間で8回の水害が発生。東京都建 設局第一建設事務所の山本聡工事課長は、首都高速道路の橋脚が古川に 隣接して並んでおり川幅を広げることは難しいことから「川の下に地下 貯水池を作るのがベストだと判断した」と話す。その結果、南北線をく ぐるように地下30-40メートルに設置することになった。

豪雨が発生し川から水があふれそうになった場合には、取水施設に 設けられた高さ52メートルの立坑を経て地下トンネルに水を誘導し、貯 留する。雨がやんだ後は約2キロメートル下流側に設けられた排水施設 で水をくみ上げ古川に放流する仕組みだ。

8月10日も活躍

国内には同じような地下調整池はあるものの、海外には水害対策を 目的とした同様の事例はない。山本課長は、温暖化の影響で豪雨の発生 件数が増えており、地下調節池を活用する頻度が増えていると話す。都 内には神田川の地下にも地下調整池があり、通常は利用回数が年1-2 回程度だったものが、昨年は5回にまで増加。直近では台風11号の接近 で雨量が増えた8月10日に利用されている。

気象庁のデータによると、2010年までの60年間の平均台風接近数は 年11個だったのに対し、11-13年の3年間の平均は13個まで増えた。オ ーストラリア国立大学の気候変動専門家ブラッドリー・オプダイク氏は 台風発生数の増加は「温暖化の影響の顕著な例」だと指摘する。

イリノイ大学ハイドロシステム研究所のマーセロ・ガルシア氏は、 東京と同様に雨が多く遊休地の少ない香港やシンガポールのような都市 にも、地下貯水池による水害対策を応用することが可能だと指摘した。

--取材協力:岡田雄至.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE