アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反落。決算内容を見極めたいとのムードが広がっ た。石炭株の下げも響いた。

石炭生産の中国中煤能源(1898 HK)は3%安。新華人寿保険 (1336 HK)も3%下げた。インターネット企業のテンセント・ホール ディングス(騰訊、700 HK)は2.3%安。決算発表を受けてHSBCホ ールディングスが投資判断を引き下げた。カジノ株は買われた。利益が 市場予想を上回ったSJMホールディングス(880 HK)は3.4%上昇。

ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.1%安の11075.11で終 了。前日は昨年12月以来の高値で、同日までの週初からの上昇率 が3.3%に達していた。ハンセン指数はこの日、前日比0.4%安 の24801.36。

AMTDファイナンシャル・プランニングのゼネラルマネジャー、 ケニー・タン氏は「市場のセンチメントは昨日は極めて良かったが、今 日は一定の調整圧力があった。ごく妥当なことだ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は反落。上海総合指数が1週間ぶりの大幅な下げとな った。成長促進に向けた当局の取り組みは不十分になるとの懸念が強ま った。金融株と商品関連株が全体を押し下げた。

江西銅業(600362 CH)と中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は共 に2%を超える下げ。石炭生産の大同煤業(601001 CH)は4.2%安。不 動産開発の万科企業(000002 CH)は2%安。一方、1-6月(上期) の増益決算が好感された自動車メーカーの上海汽車集団(SAICモー ター、600104 CH)は4%値上がりした。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.7%安の2206.47で終了。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は1%安の2335.95。

正徳人寿保険の呉侃マネーマネジャーは「景気の回復度合いに疑問 が持たれている」と指摘。「株式相場には圧力がかかり、数週間は値固 めに入る」と予想した。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は前日比0.7%高の26103.23と、3 週間ぶりの高値を付けた。卸売物価上昇率が5カ月ぶり低水準となった ほか、海外勢によるインド株式投資が拡大したことが手掛かり。 *週間ベースでは3.1%上げ、3週間ぶりのプラス *サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは1.5%高となった ほか、HDFC銀行は1.8%、ICICI銀行は1.9%それぞれ上げた *商工省が発表した7月の卸売物価指数(WPI)は5.19%上昇と、イ ンフレ率は前月から低下した *証券取引所の暫定データによれば、海外勢はこの日に62億5000万ルピ ー相当のインド株を購入 *15日は独立記念日のため休場

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比33.75ポイント(0.6%)高 の5548.47。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.86ポイント高の2063.22。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.70ポイント安の9230.61。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE