7月英住宅価格、ロンドン中心に伸び鈍化-不動産鑑定士協会

7月のロンドンの住宅価格は、過去 3年余りで最も低い伸びとなった。新たな住宅ローン規制やイングラン ド銀行(中央銀行)の介入で購入希望者が慎重になった。

英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)の14日の発表によると、 7月のロンドンの価格指標はプラス10と6月のプラス30から低下 し、2011年3月以来の低水準となった。価格の伸びの見通しも引き下げ られた。

前年から価格が大幅に上昇し、バブルが起きつつあると懸念が広が っていたロンドンの住宅市場では先月、過去6年で最も速いペースで需 要が減少。英中銀のカーニー総裁は6月に住宅債務の増加を抑制する措 置を発表し、不動産市場が英国の景気回復のリスクになっているとの認 識を示した。

RICSによると、英国全体の価格指標はプラス49と、6月のプラ ス52から低下した。

原題:London Leads U.K. Housing Slowdown as Carney Warnings Take Toll(抜粋)

--取材協力:Mark Evans.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE