バークレイズ、最大2050億円の追加コストも-バーンスティーン

英銀バークレイズは為替市場操作疑 惑やダークプール(私設取引システム)関連問題、金利スワップの不適 切な販売をめぐり、最大で12億ポンド(約2050億円)の追加コストに見 舞われる可能性があると、サンフォード・C・バーンスティーンはみて いる。

同社のアナリスト、チランタン・バルア氏(ロンドン在勤)は13日 のリポートで、バークレイズが為替操作疑惑の捜査を終わらせるための 当局との合意で7億ポンド、ダークプールに関する米当局の捜査で2億 ポンドのコストをそれぞれ計上し、さらに金利スワップの販売先への補 償で7-12月(下期)に3億ポンドを引き当てる可能性があると指摘し た。当局とは年末までに合意に至る可能性があるとしている。

原題:Barclays Seen Facing $2 Billion More in 2014 Conduct Charges (1)(抜粋)

--取材協力:Gavin Finch、Richard Partington、Ambereen Choudhury.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE