英中銀総裁:スコットランド独立への備えあり-金融安定担う

イングランド銀行(英中央銀行)の カーニー総裁は13日、スコットランドが英国からの分離・独立を決めた 場合は「金融安定上の問題」が生じる可能性があるとし、そうした場合 に備える緊急対策が同中銀にあることを明らかにした。

カーニー総裁はロンドンでの記者会見でスコットランドの「通貨に 関する不透明感」で金融安定をめぐる問題が生じ得ると述べ、「金融安 定を担う責務に関し、われわれには広範な手段と計画がある」と語っ た。

スコットランド独立の是非を問う住民投票は9月18日に実施。世論 調査ではこれまで常に独立反対派が優勢だが、調査会社TNSスコット ランドの責任者トム・コストリー氏によれば、想定外の結果を引き起こ すのに十分な浮動票がある。

独立となった場合にスコットランドがどの通貨を採用するかは争点 の一つ。キャメロン首相率いる与党・保守党と連立パートナーの自由民 主党のほか、最大野党の労働党も独立に反対しており、住民がスコット ランド独立を決めても通貨同盟は結ばないとしている。これに対し、ス コットランド行政府のサモンド首相は今週、ポンドの継続利用を妨げる ことはできないと主張した。

原題:Carney Says BOE Has Contingency Plan for Scottish Independence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE