ヘッジファンドのアルミ買い越しが増加-不足予想で価格上昇

ヘッジファンドなど大口投機家によ るアルミニウム価格上昇を見込む買い越しが増加した。供給不足が予想 される中、価格は1年5カ月ぶりの高値に上昇している。

ロンドン金属取引所(LME)の報告書によると、アルミの先物と オプションの買越残高は8日終了週に14万6418枚と、前週の14万1277枚 から増加した。資産運用会社が保有する建玉(未決済残高)のうち亜鉛 が28%と最大の割合を占め、アルミは25%、銅は22%だった。

アルミ価格は年初来で14%上昇。米ゴールドマン・サックス・グル ープは、供給が57万9000トン不足するとの見通しを示している。LME の指定倉庫のアルミ在庫は今年に入って10%減少し、2012年以来の低水 準となっている。欧州や米国、アジアの輸入業者が支払うプレミアム (割増金)は過去最高水準に達した。

原題:Aluminum Bulls Boost Wagers as Zinc Is Favorite of Hedge Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE