LME亜鉛:上昇、中国の需要改善の兆しで-アルミも高い

12日のロンドン金属取引所 (LME)では亜鉛、ニッケルをはじめ大半の産業用金属相場が上昇。 世界最大の消費国である中国の需要が改善しつつある兆しを受けて買わ れた。アルミニウムは2013年2月以来の高値を付けた。

LMEの亜鉛相場(3カ月物)は前日比1.1%高の1トン=2330ド ルで終了。ニッケルは0.5%高の1トン=18750ドル。アルミは一 時、1.1%高の1トン=2056ドルに達した。鉛とスズも上昇。

一方、LME銅相場(3カ月物)は前日比0.4%安の1トン=6965 ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の銅先物9月限は0.6% 安の1ポンド=3.1545ドル。

原題:Zinc to Nickel Gain in London on Signs China Demand Improving(抜粋)

--取材協力:Jae Hur、Alex Davis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE