8月12日の米国マーケットサマリー:株反落、ウクライナ懸念

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3367   1.3385
ドル/円            102.24   102.19
ユーロ/円          136.66   136.78


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,560.54      -9.44     -.1%
S&P500種           1,933.74      -3.18     -.2%
ナスダック総合指数    4,389.25     -12.08     -.3%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .44%        .00
米国債10年物     2.45%       +.02
米国債30年物     3.27%       +.03


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,310.60     +.10     +.01%
原油先物         (ドル/バレル)   97.29      -.79     -.81%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落し、昨年11月以来の安 値。ドイツの景況感が2012年以来の水準に低下したことを受け、日本が 経験したようなデフレスパイラルを欧州経済は免れないとの見方が広が った。

ドル指数は2月以来の高水準に接近。米求人件数が約13年ぶりの水 準に増加したことを好感した。13日に発表される米小売売上高は6カ月 連続での増加が予想されている。欧州中央銀行(ECB)による景気刺 激策はインフレ喚起には不十分だとの見方から、ドイツ国債利回りは 1%近くに低下した。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の マネジングディレクター、ブラッド・べクテル氏は電話取材に対し、 「本日発表のドイツ統計は購買担当者指数(PMI)が弱い数値になる ことを示唆しており、欧州経済のけん引役であるドイツに吹きつける向 かい風を強調した」と指摘。「最近発表されたロシアへの追加制裁が欧 州経済にも影響することを考えると、ユーロ圏の見通しは極めて暗い」 と述べた。

ニューヨーク時間午後2時16分現在、ユーロは対ドルで0.1%安い 1ユーロ=1.3367ドル。6日には昨年11月8日以来の安値となる1.3333 ドルを付けていた。ユーロは対円でこの日、0.1%下げて1ユーロ=136 円64銭。ドルは対円で102円22銭。8日には7月24日以来の安値とな る101円51銭まで下げていた。

ファロスのベクテル氏はドルについて、「最近の安値からの戻しが 続く可能性がある」として、対円での買いを勧めた。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数はほぼ変わらずの1021.30。

◎米国株式市場

12日の米国株は下落。投資家は地政学的動向を注視している。 エ ネルギー株は下落。ロンドンの北海ブレント原油の大幅安が影響した。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.2%低下の1933.80。ダウ工業株30種平均は9.44ドル (0.1%)下げて16560.54ドル。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)のチーフ株 式ストラテジスト、テリー・サンドベン氏は、「この夏の株式相場は、 経済統計や企業のファンダメンタルズよりも地政学的な材料に左右され ている」と述べた。

◎米国債市場

米財務省が12日実施した3年債入札(発行額270億ドル)では、最 高落札利回りが4月以来の低水準となった。ウクライナとイラクでの混 乱が悪化するとの観測から、安全需要が高まった。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)の落札比率 は44.8%と2月以降で最低。一方で年金基金や保険会社の落札比率は6 月以降で最高となった。最高落札利回りは0.924%。既発3年債利回り の過去10年間の平均は2.1%。この日の米国債市場では10年債と30年債 が下落した。財務省は今週、10年債と30年債(発行額は合計で400億ド ル)の入札を実施する。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「地政学的なイベントを背景に強い需要が見込まれる」 とし、「市場参加者は不安定な状況を懸念している」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後3時4分現在、既発3年債の利回りは前日比ほぼ変わらず の0.89%。一時1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の0.90%を付けた。同年債(表面利率0.875%、2017年7月償還)価格 は99 31/32。

10年債利回りは1bp上げて2.44%。一時2.45%を付けた。30年債 利回りは2bp上昇の3.26%。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は小幅反発。ウクライナとロシアの緊張を 背景に、逃避の買いが入った。

ロング・リーフ・トレーディング・グループのチーフマーケットス トラテジスト、ティム・エバンス氏(シカゴ在勤)は電話インタビュー で「手に負えない状況に陥り得るリスク地域が世界には複数ある」と指 摘。「現状がさらに深刻化する場合に備え、定石通り金など安全逃避の 市場に資金が集まるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.1%未満上げて1オンス=1310.60ドルで終了した。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディ エート(WTI)は反落。国際エネルギー機関(IEA)は供給のだぶ つきを指摘し、中東で供給障害が起きるリスクが相殺されていると分析 した。ロンドンの北海ブレント原油は1年1カ月ぶり安値。

アイアイトレーダー・ドット・コムの市場担当シニアストラテジス ト、ビル・バルーク氏(シカゴ在勤)は「IEAのリポートはきょうの 市場に一撃を与えた」と指摘。「需要をめぐる不安が相場を強く動かし ている。大規模な供給障害でもない限り、WTIが100ドルを超える理 由は見当たらない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比71セント(0.72%)安の1バレル=97.37ドルで終了した。ロンドン ICEのブレント9月限は1.66ドル安の103.02ドル。2013年7月1日以 来の安値で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE