NY原油:反落、IEAが世界的な供給だぶつきを指摘

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反落。国際エネルギ ー機関(IEA)は供給のだぶつきを指摘し、中東で供給障害が起きる リスクが相殺されていると分析した。ロンドンの北海ブレント原油は1 年1カ月ぶり安値。

アイアイトレーダー・ドット・コムの市場担当シニアストラテジス ト、ビル・バルーク氏(シカゴ在勤)は「IEAのリポートはきょうの 市場に一撃を与えた」と指摘。「需要をめぐる不安が相場を強く動かし ている。大規模な供給障害でもない限り、WTIが100ドルを超える理 由は見当たらない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比71セント(0.72%)安の1バレル=97.37ドルで終了した。ロンドン ICEのブレント9月限は1.66ドル安の103.02ドル。2013年7月1日以 来の安値で引けた。

原題:Brent Crude Falls to 13-Month Low as IEA Sees Global Supply Glut(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE