NY外為:ユーロはほぼ9カ月ぶり安値、欧州にデフレ懸念

ニューヨーク外国為替市場ではユー ロが下落し、昨年11月以来の安値。ドイツの景況感が2012年以来の水準 に低下したことを受け、日本が経験したようなデフレスパイラルを欧州 経済は免れないとの見方が広がった。

ドル指数は2月以来の高水準に接近。米求人件数が約13年ぶりの水 準に増加したことを好感した。13日に発表される米小売売上高は6カ月 連続での増加が予想されている。欧州中央銀行(ECB)による景気刺 激策はインフレ喚起には不十分だとの見方から、ドイツ国債利回りは 1%近くに低下した。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の マネジングディレクター、ブラッド・べクテル氏は電話取材に対し、 「本日発表のドイツ統計は購買担当者指数(PMI)が弱い数値になる ことを示唆しており、欧州経済のけん引役であるドイツに吹きつける向 かい風を強調した」と指摘。「最近発表されたロシアへの追加制裁が欧 州経済にも影響することを考えると、ユーロ圏の見通しは極めて暗い」 と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.1%安い1ユ ーロ=1.3369ドル。6日には昨年11月8日以来の安値となる1.3333ドル を付けていた。ユーロは対円でほぼ変わらずの1ユーロ=136円72銭。 ドルは対円で0.1%高い1ドル=102円26銭。8日には7月24日以来の安 値となる101円51銭まで下げていた。

ファロスのベクテル氏はドルについて、「最近の安値からの戻しが 続く可能性がある」として、対円での買いを勧めた。

ドイツ景況感、期待指数

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数はほぼ変わらずの1021.18。

ユーロが売られるきっかけとなったドイツの欧州経済研究センター (ZEW)がまとめた独景況感指数では、8月の期待指数が8.6と、前 月の27.1から大きく低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト31人の予想中央値は17.0だった。

ピアポント・セキュリティーズ・ホールディングス(コネティカッ ト州スタンフォード)のグローバルストラテジスト、ロバート・シンチ 氏は「欧州の状況はかなり急激に減速していることがうかがえる」と指 摘。「欧州中央銀行(ECB)にとっては裁量の幅が狭まってきてい る。すでに通常手段は使い切ってしまった」と述べた。

ドラギECB総裁が政策金利を過去最低に引き下げ、預金金利をマ イナスにした後も、指標となる欧州国債には買いが入っている。

FOMC、日銀

シンチ氏はECBについて、「連邦公開市場委員会(FOMC)や 日銀と違って、量的緩和には制限があるようだ」と述べた。

6月の米求人件数をきっかけにドルは上昇。米労働省が発表した6 月の求人件数は9万4000件増加の467万件 と、2001年2月以来の高水準 となった。前月は458万件(速報464万 件)に修正された。

13日に発表される7月の米小売売上高について、エコノミストら は0.2%増加を予想。6月は0.2%増加だった。

先物市場の動向に基づくと、来年10月までにフェデラルファンド (FF)金利の誘導目標が少なくとも0.5%に引き上げられる確率は 約79%として織り込まれている。

シティグループの欧州G10通貨戦略責任者、ワレンチン・マリノフ 氏は「米経済の成長見通しは改善した一方、きょうのデータが示唆した ようにユーロ圏は反対の方向だ」と指摘。「FOMCとECBの金利政 策の方向性かい離が浮き彫りにされた」と続けた。

原題:Euro Falls to Almost 9-Month Low on Economy; Hryvnia Plunges(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、Mariko Ishikawa、Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE