赤のフェラーリ:予想価格は76億円、自動車の最高値更新か

イタリアの富豪一族の末裔(まつえ い)が49年間にわたって保有していた「フェラーリ250 GTOベルリネ ッタ」がオークションに出品される予定で、価格は最高7500万ドル (約76億7000万円)に達すると推計されている。予想通りなら世界で最 も高価な自動車となる。

1962年に製造されたこの赤の2人乗りクーペは、競売会社ボナムズ が14日、米カリフォルニア州カーメルで開くオークションに出品され る。オークションは、12日から6日間にわたってカーメルのほかモント レー、ぺブルビーチのゴルフコースで開かれるコレクター向けビンテー ジカーのイベントの一環。

米保険会社でクラシックカーのデータベースを運営するハガーテ ィ・グループによれば、同オークションの昨年の売上総額は過去最高の 3億1200万ドル。ビンテージカー市場が過熱しているため、今年は4 億5000万ドルに達すると予想されている。

ブルームバーグ・ニュースは、昨年10月に非公開で売買された1963 年製の「フェラーリ250 GTO」に5200万ドルの値が付き、自動車の最 高値を更新したと報じた。今回の62年製フェラーリのハガーティによる 予想価格は6000万-7500万ドル。ボナムズは公式予想価格の発表を控え た。

原題:Red Ferrari Coupe May Race to Record $75 Million in California(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE