中国株:反落、経済指標の発表控え軟調-銀行株など安い

中国株式相場は反落。上海総合指数 は新規融資や工業生産など一連の経済指標の発表を控えて、前日に付け た8カ月ぶり高値から下げに転じた。

華夏銀行(600015 CH)と興業銀行(601166 CH)がそれぞれ1%強 下げるなど、銀行株が下落。家庭用エアコン生産で中国最大手の珠海格 力電器(000651 CH)は1.6%安。一方でスーパーマーケットを展開する 永輝超市(601933 CH)は10%高。同業のデアリー・ファーム・インタ ーナショナル・ホールディングスが永輝超市の株式20%を取得すること を明らかにした。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.1%安の2221.60で終了。前日は1.4%上昇し、昨年12月10日以来 の高値を付けていた。上海、深圳両証取のA株に連動している CSI300指数は前日比0.4%安の2357.05。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「相場はあまりにも急な ペースで上昇していた。このあたりでいったん休止し、ある程度の値固 めの必要がある」と指摘。「近く発表される経済指標は、景気が回復し つつあることを示すと予想される」と述べた。

原題:Shanghai Composite Drops Before Economic Reports as Banks Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE