【個別銘柄】ミクシィやROE期待のミネベア上昇、荏原安い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

ミクシィ(2121):前日比1000円(20%)高の6110円でストップ 高。楽天証券は11日、株価レーティング「A」を継続、4-6月期(第 1四半期)の営業利益急増を受け、2015年3月期の同利益は300億円を 超すとの見方を示した。また13日から、ミクシィの人気ロールプレーイ ングゲーム「モンスターストライク」と、無料通話・メールアプリの LINEの人気パズルゲーム「LINE POP」のゲームコラボレーションを 9月24日まで行う。

日本ガイシ(5333):3.6%高の2643円。クレディ・スイス証券 は11日、投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価を2440円か ら2820円に上げた。予想以上にセラミックス事業の好モメンタムが続く とし、同証による15年3月期営業利益予想を538億円から595億円(会社 計画560億円)、来期を616億円から672億円に増額した。

日医工(4541):8.4%高の1582円。4-6月期(第1四半期)の 連結営業利益は前年同期比17%増の25億9300万円だった、と11日に発 表。収益柱の後発医薬品(ジェネリック)を中心に売り上げが2割以上 伸びた。野村証券は投資判断「買い」を継続、目標株価は1900円か ら2000円に上げた。後発医薬品の数量拡大と計数管理も進み、中期利益 成長に陰りはないとみる。

ミネベア(6479):2.7%高の1309円。17年3月期までに株主資本 利益率(ROE)の20%超への引き上げを目指す、と加藤木洋治・取締 役専務執行役員が11日のブルームバーグ・ニュースとのインタビューで 述べた。また、最終年度の17年3月期に売上高営業利益率で10%を達成 する、とした中期経営計画の目標値は今期中に達成できる状況という。

テレビ東京ホールディングス(9413):6.4%高の2170円。三菱 UFJモルガン・スタンレー証券は11日、投資判断「アウトパフォー ム」を継続し、目標株価を2200円から2500円に上げた。広告需要拡大や 視聴率堅調を背景にしたスポット・タイム売上高の安定成長、「妖怪ウ ォッチ」関連ライツ収入の拡大で2桁の営業増益が続くとみる。同証に よる15年3月期営業利益予想を53億円から62億円(会社計画45億円)、 来期を66億5000万円から78億円に増額。

荏原(6361):3.7%安の595円。11日発表の4-6月期(第1四半 期)の連結営業損失は14億7000万円と、前年同期の19億5000万円に対し 赤字が続いた。コンプレッサーなどを含む風水力事業の収益が悪化した ため。クレディ・スイス証券では、株式市場の反応は弱めに見える第1 四半期決算を受けネガティブなものが予想される、と指摘。ただ、社内 計画線上の内容で、例年通りに弱めの第1四半期は押し目買いのチャン スとみている。

出光興産(5019):2.1%高の2273円。SMBC日興証券は11日、 投資判断を「2(中立)」から「1(アウトパフォーム)」、目標株価 を2200円から2500円に上げた。パラキシレン・ナフサマージンの急回 復、燃料の堅調などを背景に、同証による16年3月期営業利益予想 を1253億円から1343億円に増額した。

SBIホールディングス(8473):2.1%高の1194円。傘下の SBI証券は今月下旬にも、LINE上で公式アカウントを開き、9月 以降に株価検索や株取引をできる機能を提供すると12日付の日本経済新 聞夕刊が報じた。

東洋炭素(5310):4.7%安の2347円。11日に発表した1-6月期 (上期)の連結営業利益は5億8500万円で、15億円を見込む14年12月期 計画に対する進捗率は39%にとどまる。クレディ・スイス証券では、第 2四半期は研究開発補助金の償却が一部残ったことで4億4000万円とな り、一見やや物足りないと指摘。回復は非常に緩やかとの認識を示し た。

戸田建設(1860):4%安の525円。12日朝の東証立会外取引で、 発行済み株式総数の1.29%に当たる400万株、金額で約22億円の自社株 を取得したと同日午前に発表。これにより、6月25日に公表してい た800万株、30億円を上限にした自社株買いは終了したとし、当面の需 給好転期待が剥落した。

ユナイテッドアローズ(7606):2.8%高の3830円。SMBC日興 証券は11日、投資判断「1(アウトパフォーム)」、目標株価4300円で 新規に調査を開始した。コスト先行期を終えた16年3月期からの再成長 に期待するとし、同証による15年3月期営業利益予想を142億円(会社 計画141億円)、来期154億円、再来期166億円とした。

S FOODS(2292):6%高の1797円。15年2月期の連結営業 利益計画を64億円から前期比23%増の70億円に上方修正する、と11日に 発表。グループ化したグリコハムとの相乗効果で、食肉など製造卸売事 業を中心に売り上げが想定を上回る見込みのため。

東京精密(7729):1.7%安の1761円。4-6月期(第1四半期) の連結営業利益は前年同期比8.9%減の21億5700万円だった、と11日に 発表。半導体製造装置部門の低調が響いた。JPモルガン証券は、同証 予想の30億円を下回ったとし、半導体製造装置部門の受注のうち、10億 円程度が7-9月期に期ずれしたとの認識を示した。

日成ビルド工業(1916):9.1%安の279円。4-6月期の連結営業 利益は前年同期比24%減の1億7500万円だった、と11日に発表。主力の システム建築事業は好調だったが、選別受注を行った総合建設事業を中 心とした売り上げの減少が響いた。

上組(9364):1.9%高の964円。4-6月期(第1四半期)の連結 営業利益は前年同期比2.8%増の59億8600万円だった、と11日に発表。 主力の国内物流事業で飼料、鉄鋼製品の取り扱いが増加、輸送費上昇の 影響を受けた国際物流事業の減益を補った。バークレイズ証券では、苦 戦の物流業界で安定感を発揮しているとし、投資判断「オーバーウエー ト」を継続した。

日本工営(1954):9.3%安の478円。15年6月期の連結営業利益は 前期比6%減の40億円を計画する、と11日に発表。収益柱の国内コンサ ルタント事業で震災復興需要がピークを越え始めるとみている。14年6 月期は、大幅な増収効果で前の期の32億円の赤字から43億円の黒字に転 換した。

新川(6274):7.2%安の464円。4-6月期(第1四半期)の連結 営業損失は7億5300万円と、前年同期の8億8500万円に対し赤字が継続 したと11日に発表。前期に投入した新製品の市場浸透などで売り上げ、 受注は改善しているが、生産の急拡大にまでは至らず、収益改善施策は 途上という。

ネクスト(2120):5.4%高の788円。4-6月期(第1四半期)の 連結営業利益は前年同期比18%減の7億1200万円だった、と11日に発 表。収益柱の不動産情報サービス事業を中心に売り上げは1割以上伸び る半面、ユーザーシェア獲得、サービス開発など戦略的投資負担が響い た。ただ、前期比1.2%増の23億2800万円を見込む15年3月期計画に対 する進捗率は31%で、業績推移は順調とみられた。

--取材協力:冷澄.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE