USJ:カジノ参入に向け海外業者と交渉、沖縄開設も検討

米ゴールドマン・サックス・グルー プが出資する非上場のユー・エス・ジェイ(USJ)が、テーマパーク からカジノ事業への進出を目指し、複数の海外業者と共同事業に向けて 交渉していることが明らかになった。候補地として東京都、大阪府のほ か、沖縄県を検討している。

USJは、ラスベガス歓楽街最大のカジノ運営企業、米MGMリゾ ーツ・インターナショナルや米国最大のシーザーズ・エンターテインメ ントなどと協議している。マレーシア第3位の富豪、リム・コク・タイ 氏率いるカジノ運営企業、ゲンティンとも交渉中。グレン・ガンペル社 長が7日、ブルームバーグ・ニュースのインタビューで明らかにした。

カジノは国内で現在違法だが、自民党議員らが合法化法案を昨年末 に国会に提出し、6月に審議入りした。香港の投資銀行CLSAは2月 のリポートで、カジノが年間400億ドル(約4兆円)の市場を日本に創 出するとの見通しを出しており、企業は解禁を見越して相次いで参入を 表明。これまでにコナミセガサミーホールディングス、ダイナムジャ パンホールディングスなどが具体的な計画を明らかにしている。

ガンペル社長は、娯楽施設の運営ノウハウや集客技術など「USJ の中核である強みを活用し、より大きな事業ポートフォリオをつくる」 と述べた。大阪市内で運営するテーマパーク「ユニバーサル・スタジ オ・ジャパン」の成功に満足することなく、カジノを含む統合型リゾー ト(IR)も「当然検討する」と語った。

名護市「ネオパークオキナワ」

同氏によると、沖縄県では名護市が市内に所有する自然動植物公園 「ネオパークオキナワ」が具体的な開設候補地の1つで、新しいテーマ パークまたはIR建設の両方の可能性を検討すると話した。

同社が本拠を置く大阪では、府と市が大阪湾の人工島・夢洲(ゆめ しま)地区をカジノ誘致の候補地として検討している。大阪市観光課長 の足立幸彦氏によると、USJがIR参入を計画していると報じられた 直後の7月初旬、橋下徹市長はUSJ経営者と信頼関係がない、他の業 者にやってもらいたいなどと発言している。

ガンペル氏はこれについて、市とは協力関係にあり、今後も協力し ていくと語った。ただ、同氏は大阪で機会があったら是非参入したいと 話す一方、「われわれは必ずしも特定の1カ所に縛られた企業ではな い」とも述べた。市都市整備局の審査担当課長、栗谷直利氏によると、 USJとは市が同社に貸している土地の賃料値上げをめぐって係争中。

経営立て直し

USJは大阪市などが出資する第3セクターとして設立、2001年に テーマパークを開業した。ゴールドマンは05年、USJの経営に改善余 地があると見て200億円の出資を決定。07年に東証マザーズに上場した が、リーマンショックで入園者数が落ち込んだことなどから立て直しの ため、09年にガンペル氏と他のファンド連合などで株式公開買い付け (TOB)を行い上場廃止となった。

USJの田中功取締役は先月市内で開かれたフォーラムで、従来の 若者をターゲットにした戦略から家族や女性向けへと転換したことなど が奏功し、昨年度の入園者数は1050万人と、開業時の01年に次ぐ水準に 回復したと述べた。広報担当の高橋丈太氏によると、ハリー・ポッター の世界を再現した新エリアがオープンした7月の入場者数も同月として は過去最高となった。

同社ウェブサイトによると、新エリア「ウィザーディング・ワール ド・オブ・ハリー・ポッター」への総投資額は450億円で、経済効果 は5.6兆円を見込んでいる。

USJでは「エンターテインメント・アンド・レジャー業界におけ るアジアのリーディングカンパニー」を目指しており、海外進出も進め ている。

中国、インドネシア

ガンペル氏によると、中国でテーマパークを運営する深セン華僑城 との資本提携交渉を再開する方針。交渉はハリー・ポッターのエリア建 設を優先させるため中断していた。USJは同エリアへの投資額を上回 る投資を見込んでいる。他にも海外戦略の一環で、インドネシアのジャ カルタで新テーマパーク建設のため地元企業と協議したことを明らかに した。

USJは、資金調達の手段の1つとして早ければ来夏にも東京証券 取引所への上場を検討している。ガンペル氏によると海外での上場も選 択肢だという。

同社の13年度の売上高は、広報の高橋氏によると前期比17%増 の959億円、営業利益は51%増の242億円で過去最高だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE