アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。ハンセン指数は日中、下落していたが、取引 終了前にプラス転換した。証券や海運などの銘柄が買いを集めた。

金融サービスの第一上海投資(227 HK)は6.8%高。香港と上海の 取引所が注文を相互に取り次ぐ計画が具体化しつつあることが材料とな った。海運の中海発展(1138 HK)は3%高。13日に4-6月(第2四 半期)決算を発表するアジア最大のインターネット企業、テンセント・ ホールディングス(騰訊、700 HK)は0.8%上げた。

前日に上げた不動産開発株は軟調。ヘンダーソン・ランド・デベロ ップメント(恒基兆業地産、12 HK)は1.2%値下がりした。

ハンセン指数は前日比0.2%高の24689.41で終了。一時は0.4%安ま で下げた。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%高の11064.35。

KGIアジアのディレクター、ベン・クウォン氏は「投資家は引き 続き、近く発表される中国の経済指標と企業業績に注目している。全般 的なリスクテーク意欲はかなり強いままだ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は反落。上海総合指数は新規融資や工業生産など一連 の経済指標の発表を控えて、前日に付けた8カ月ぶり高値から下げに転 じた。

華夏銀行(600015 CH)と興業銀行(601166 CH)がそれぞれ1%強 下げるなど、銀行株が下落。家庭用エアコン生産で中国最大手の珠海格 力電器(000651 CH)は1.6%安。一方でスーパーマーケットを展開する 永輝超市(601933 CH)は10%高。同業のデアリー・ファーム・インタ ーナショナル・ホールディングスが永輝超市の株式20%を取得すること を明らかにした。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.1%安の2221.60で終了。前日は1.4%上昇し、昨年12月10日以来 の高値を付けていた。上海、深圳両証取のA株に連動している CSI300指数は前日比0.4%安の2357.05。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「相場はあまりにも急な ペースで上昇していた。このあたりでいったん休止し、ある程度の値固 めの必要がある」と指摘。「近く発表される経済指標は、景気が回復し つつあることを示すと予想される」と述べた。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は前日比1.4%高の25880.77で終 了。タタ・モーターズの利益が予想を上回ったことや世界的な株高を手 掛かりに、6月6日以来の大幅高となった。 *タタ・モーターズは6.2%高と、ここ約1年で最大の上昇率 *インドガス公社(GAIL)は5.9%、NTPCは2.7%それぞれ上 げ、インド石油ガス公社(ONGC)は3%高となった

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比73.29ポイント(1.3%)高 の5530.32。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比2.10ポイント(0.1%)高の2041.47。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比9.79ポイント(0.1%)安の9163.12。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE