米JPモルガン:PE部門ポートフォリオの半分の売却で合意

米銀JPモルガン・チェースは、プ ライベートエクイティ(PE、未公開株)投資部門のワン・エクイテ ィ・パートナーズ(OEP)の買収資産ポートフォリオの半分をカーラ イル・グループ傘下のアルプインベスト・パトナーズとレキシントン・ パートナーズに売却することに合意した。JPモルガンは昨年、OEP の分離・独立計画を発表していた。

11日の発表文によると、OEPのディールメーカーらはJPモルガ ンから独立して投資会社OEPキャピタル・アドバイザーズを設立し、 ポートフォリオの残り分を管理する。独立は年内に予定されている。合 意の金銭的条件は開示しなかった。

ウォール街の金融機関は資本増強や自己勘定取引の抑制を義務付け る規制を受けて一部事業の処分を進めている。ジェイミー・ダイモン最 高経営責任者(CEO)は昨年12月、不要な部門を整理していると述べ ており、JPモルガンは今年7月に約13億ドル(約1330億円)相当のロ ーン債権と証券を投資会社ベイン・キャピタル傘下のサンカティ・アド バイザーズに売却することで合意した。

発表文によると、OEPによる今回の資産売却はJPモルガンの業 績に大きな影響を与えない見通し。

原題:JPMorgan to Sell 50% of Buyout Portfolio to AlpInvest, Lexington(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE