スプリントCEOがコスト削減計画-ユーザー獲得で競争へ

米スプリントのマルセロ・クラウレ 最高経営責任者(CEO)は就任初日、さらなるコスト削減と競争力強 化に取り組む方針を従業員に伝えた。

ブルームバーグ・ニュースが入手したメモによると、クラウレ CEOは11日、「短期的に当社の成功はコスト効率を極めて高くするこ とと市場での積極的な競争に照準を定めることでもたらされる」と述 べ、「経営陣は会社の将来の戦略を描くため取締役会と緊密に協力して いる」と説明した。

ソフトバンク傘下のスプリントは今月、TモバイルUS買収協議を 打ち切った。ソフトバンクはダン・ヘッセ氏の後任CEOとして、米携 帯電話卸売会社ブライトスターの創業者であるクラウレ氏にスプリント の立て直しを託した。

クラウレ氏は14日に社員との全社的な会合を開くことを明らかにし た。Tモバイルの社名には言及しなかったものの、合併計画の断念には 触れ、「スプリントの将来について憶測する多くのメディア報道を恐ら くご覧になっただろう。既に述べたように、統合は長期的には理にかな うが、現時点ではわれわれはスプリントの成長と再配置に注力する」と 説明した。

原題:Sprint CEO Plans Cost Cuts to ‘Compete Aggressively’ for Users(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE