NY金:小幅続落、ウクライナの緊張緩和

ニューヨーク金先物相場は小幅続 落。ウクライナでの緊張緩和が背景。ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)COMEX部門の先物とオプションの未決済建玉(オー プン・インタレスト)はほぼ5年ぶりの低水準となっている。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテジ スト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビ ューで「ウクライナからのニュースがあまりないことで、安全逃避のプ レミアムが低下している」と指摘。「株式相場の強さも金からの資金流 出につながっている」と述べた。

COMEX部門の金先物12月限は前週末比0.1%未満下げて1オン ス=1310.50ドルで終了した。

原題:Gold Futures Decline as Open Interest Slumps to Five-Year Low(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE