仏サノフィ:インスリンでマンカインドに最大9.25億ドル

仏製薬会社サノフィは、世界でまだ 1種類しかない吸入型インスリン「アフレッツァ」の世界ライセンスを 取得するため開発元であるバイオ医薬品メーカーの米マンカインドに最 大9億2500万ドル(約944億円)を支払うことで合意した。

両社が11日発表した資料によると、サノフィは1億5000万ドルを前 払いし、アフレッツァが一定の販売実績や開発目標を満たした場合、最 大で7億7500万ドル支払う。

米食品医薬局(FDA)は6月27日に「アフレッツア」を糖尿病治 療薬として認可した。

原題:Sanofi to Pay MannKind as Much as $925 Million for Insulin (3)(抜粋)

--取材協力:Caroline Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE