イスラエルとパレスチナ、カイロで交渉再開-3日間停戦維持

イスラエルとパレスチナの交渉担当 者は、パレスチナ自治区ガザをめぐる長期的合意に向けたそれぞれの立 場を主張。エジプトが調停した新たな停戦案は1カ月の戦闘停止を求め ている。

カイロで開かれた停戦協議に参加したパレスチナの代表団は10日、 エジプトが提案した72時間の一時停戦に同意した。イスラエル陸軍によ れば、現地時間11日午前0時に今回の停戦が発効となって以降、ガザか らのロケット弾発射も、イスラエルによるガザ空爆も起きていない。

イスラエルの交渉団は先週、前回の停戦がロケット弾攻撃で崩壊し たことを受けてカイロを離れていた。今回はガザの武装勢力が攻撃を控 える中、11日にカイロでの協議を再開する。イスラエルの当局者が匿名 を条件に明らかにした。イスラエルのネタニヤフ首相はこれまで、同国 は砲火を浴びる中での交渉には応じないと言明している。

2008年以降に2度軍事衝突を起こしている双方は、今回の一時停戦 で未解決問題を解決する長期的な合意をまとめる時間を与えられる。イ スラエルはガザの非武装化を求めている一方、イスラム原理主義組織ハ マスはイスラエルが2006年に導入した封鎖の解除を要求している。

原題:Israel, Palestinians to Resume Gaza Talks as 3-Day Truce Holds(抜粋)

--取材協力:David Wainer.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE