NY外為:円は3週ぶり高値から下落、逃避の買いが後退

ニューヨーク外国為替市場では円が 対ドルでほぼ3週間ぶり高値から下落。ウクライナの緊張緩和に加え、 米軍の空爆でイラクの過激派イスラム組織の進撃が抑えられているとの 見方から、逃避の円買いが後退した。

ユーロは昨年11月以来の安値に接近。データによると、ユーロに対 する投資家の見方はこの2年間で最も弱気に傾いている。カナダ・ドル は予想を上回る住宅着工件数を好感して、3営業日ぶりに上昇。ポンド は対ユーロで堅調に推移。株式相場は世界的に上昇した。

ソシエテ・ジェネラルのシニア通貨ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏(ニューヨーク在勤)は「不安が和らいだことから上昇 局面がまだ続いている」と指摘。「対ユーロでのポンド、および対米ド ルでのカナダ・ドルの堅調ぶりを見る限り、不安が和らいだとはいえ、 それほど強いものではないようだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで0.2%安い1ドル =102円19銭。8日には7月24日以来の高値となる101円51銭まで上昇し ていた。ユーロはこの日対ドルで0.2%下げて1ユーロ=1.3385ドル。 6日には昨年11月8日以来の安値となる1.3333ドルまで下げた。円はこ の日、対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=136円78銭。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数はほぼ変わらずの1021.22。先週までは週間ベースで4週連続 で上昇していた。

ユーロのネットショート

商品先物取引委員会(CFTC)がまとめたヘッジファンドなど大 口投機家の建玉明細によると、対ドルでユーロが下げるとの見方は2012 年8月以降の最高となった。5日までの週のユーロのネットショート は12万8747枚と、前週の10万8075枚から積み上がった。

インタファクスは先週、ロシア国防省の情報としてウクライナ国境 近くでの戦闘機演習が終了したと報じた。ロシア通信(RIA)はロシ ア連邦安全保障会議のパトルシェフ書記を引用し、同国がウクライナと 反政府勢力との調停に乗り出す用意があると報じた。

紛争はまだ沈静しておらず、ウクライナ政府はこの日、親ロシア分 離派勢力が支配する東部地域の住民に避難を呼び掛けた。武装勢力の停 戦提案を拒否したウクライナ政府軍は、分離派の支配地域を包囲してい る。

一方のイラクでは米軍による空爆で、過激派組織「イスラム国」の 北部進軍が抑えられたものの、同組織は依然としてシリアからイラクに 広がる地域を掌握しており、政治的混迷の影響でイラクは一丸となって 対応しにくい状況に陥っている。

株式相場の安定

BNPパリバのディレクター、マサフミ・タカダ氏(ニューヨーク 在勤)は対円でのドルについて、「米国による空爆のニュースで売られ た後、安心感の買いで多少は上昇している」と指摘。「地政学リスクに 関しては依然神経質だが、株式相場が安定している限りは持ちこたえる だろう」と続けた。

円が下げた一方で、東京の株式相場は上昇。厚労省年金局の森浩太 郎参事官は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の基本ポート フォリオを弾力的に運用するよう、運用委員会が決定したと述べた。10 日のTOPIXの終値は前週末比24.25ポイント(2%)高の1252.51。

CFTCの建玉明細によると、対ドルでの円売り越し幅はほぼ5カ 月ぶりの水準に増加。5日までの週の円ネットショートは9万5399枚 で、3月14日以来の水準に積み上がった。

原題:Yen Falls From 3-Week High on Reduced Haven Demand; Pound Gains(抜粋)

--取材協力:Mariko Ishikawa、Candice Zachariahs.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE