米GM、計31万2280台の追加リコールを発表

米自動車最大手のゼネラル・モータ ーズ(GM)は8日、 スポーツ型多目的車(SUV)「サターン・ビ ュー」や「キャデラックATS」など計31万2280台の追加リコール(無 料の回収・修理)を発表した。同社は今年これまでに北米で約2900万台 の乗用車・トラックのリコールを公表している。

同社が電子メールで送付した発表資料によれば、この日発表された リコール6件のうち、対象台数が最も多いのは2002-04年型サターン・ ビューの約21万5000台。スイッチがオフとなっていない状態でもイグニ ッションキーが外れる可能性があることを理由として挙げた。同社はこ の問題との関連が疑われる2件の衝突と1人の負傷を認識していること を明らかにした。

今回の発表前に、GMの今年のリコール台数は自動車メーカー1社 による通年の記録を既に上回っていた。これまで単年で最も多かったの は2001年の米フォード・モーターの2330万台だった。

原題:GM Recalls 312,280 More Vehicles for Switches, Other Fixes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE