米国務長官、イラクのマリキ首相への支持撤回-包括政権求める

ケリー米国務長官は11日、イラクの マリキ首相への支持を撤回し、政治プロセスを妨げぬよう同首相に訴え た。

ケリー長官は米国はイラクのマスーム大統領を支持するとして、イ ラク国民が望む次期首相候補の3人にマリキ首相は入っていないと述べ た。

同長官はシドニーで、「米国はマスーム大統領を断固として支持す る」と言明。「大領領に選出された同氏にはイラク憲法を堅持する責任 があり、イラクは現時点で変化を求める方針を明らかにしている」と続 けた。

イラクでの政治対立が、北部で破壊行為を働き米国の空爆につなが ったイスラム過激派武装組織の動きを止める取り組みを困難にしてい る。オバマ米大統領は同組織「イスラム国」との戦闘で米国が支援を拡 大する前提条件は、イラクがスンニ派などの少数派を冷遇せず各勢力を 一段と取り入れた包括的政権を樹立することだと述べていた。これにマ リキ首相は抵抗し、首都バグダッド市内に部隊を配置している。

原題:Kerry Pulls U.S. Support for Maliki as Militants Take More Towns(抜粋)

--取材協力:Fergal O’Brien、Lisa Lerer、Sangwon Yoon、Gregory Viscusi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE