アジア・太平洋株式サマリー:中国、香港株上昇-印株も上げる

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

中国本土と香港の株式相場はそろって上昇。上海総合指数は1週間 ぶりの大幅高となった。9日発表された中国の7月の消費者物価指数 (CPI)でインフレが引き続き抑制されていることが示され、当局が 政策を緩和する余地が広がると受け止められた。金融株が高い。

中国工商銀行(ICBC、601398 CH、1398 HK)は上海、香港の両 市場で少なくとも1.4%以上、値を上げた。海通証券(6837 HK)は香港 市場で2.6%高。

不動産株も買われた。万科企業(000002 CH)は1.8%高。深圳市当 局も不動産規制を緩和するとの一部報道が材料視された。ヘンダーソ ン・ランド・デベロップメント(恒基兆業地産、12 HK)は4.8%上昇し た。

本土市場で人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総 合指数は前週末比1.4%高の2224.65。上海、深圳両証取のA株に連動し ているCSI300指数は1.5%高の2365.35。

香港市場ではハンセン指数が1.3%高の24646.02。ハンセン中国企 業株(H株)指数は1.9%高の11037.88で終了した。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「インフレは低水 準で、当局にとって景気下支えの手段が増えるはずだ」と指摘。「不動 産株にとって政策は間違いなく改善されつつあり、不動産セクターには 幾分の好機がある。近く発表される経済指標は良好な内容が予想され、 少なくとも市場見通しを下回ることはないだろう」と述べた。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は4営業日ぶりに上昇し、前週末 比0.8%高の25519.24で終了。規制当局が不動産投資信託(REIT) 設立を許可したことが追い風となった。 * 不動産銘柄指数は1%上昇、不動産開発でインド最大手のDLFは約 2週間ぶりの大きな値上がり、オベロイ・リアルティは1.2%高となっ た。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比21.72ポイント(0.4%)高 の5457.03。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比8.27ポイント(0.4%)高の2039.37。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比86.95ポイント(1%)高の9172.91。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE