円安でも伸びない輸出、アベノミクスの効果息切れ-疑問の声

円安になれば輸出が伸びて景気がよ くなるとの期待が薄れつつある。輸出が低迷し、景気を押し上げる勢い がなくなっている一方、円安で輸入物価が上昇しているためだ。

第2次安倍政権が発足して1年半以上が過ぎた。アベノミクスを背 景に円は対ドルで16%下落した。円安は輸出にとって追い風になる一 方、輸入物価を押し上げる。現時点ではデメリットが目立ち始めてお り、政府・日銀の悩みの種となっている。

ゴールドマン・サックス証券の馬場直彦チーフエコノミストは「円 安にしたときに輸出の数量が伸び、国内に生産誘発効果を生み、経済の 拡大均衡を見込んでいたが、そのパスが全く動いていない。何のために 円安にしたのか」と述べた。

今年1-3月期の燃料輸入額は2012年1-3月期に比べ1兆5600億 円増えた。これに対し、全体の輸出の増加額は1兆2800億円にとどまっ た。鉱工業生産も2年前と比べ減少している。過去10年間の製造業の人 員削減は100万人に達した。

アベノミクスのリフレーション

安倍氏が首相に復帰した12年12月時点の日本経済はそれまでの5年 間で34%対ドルで上昇した円高に苦しんでいた。製造業は国外に生産拠 点を移し、コストと賃金を削減した。10年以上にわたって需要は抑制さ れ、消費者物価は低下していた。

安倍氏は13年の年頭所感で「日本にとって何より喫緊の課題は、デ フレと円高からの脱却による経済の再生だ」と述べた。安倍首相の政策 はアベノミクスと呼ばれ、日銀による量的・質的緩和、財政出動と規制 緩和で経済成長を促すことを狙いとしている。安倍首相が任命した黒田 東彦日銀総裁は13年4月から異次元の緩和を実施している。

アベノミクスの効果で消費者物価(CPI)は上昇し、輸出メーカ ーの利益も増えた。TOPIXは昨年1年間で51%上昇した。しかし、 その効果は色あせ輸出は伸び悩んでいる。6月の輸出量は円安が始まっ た12年9月に比べ2.5%減少した。

製造業の構造変化

JPモルガン証券の菅野雅明チーフエコノミストは「製造業の構造 変化で円安のプラスの効果がそんなには見えていない」と述べた。

黒田総裁は8日の会見で、「行き過ぎた円高が是正されたことは日 本経済にとってかなり大きなプラスになっている」と指摘した上で、 「為替レートが円高になっていかなければならない理由はない。それが また日本経済にとってマイナスになることもない」と述べた。

多くの製造業は円高が続いていた時期にコストの低い外国に生産拠 点を移し為替相場の影響を和らげようとした。ホンダは北米産が国内産 を上回り、米国からの輸出が日本からの輸入を超えた。

輸入額は11年3月の福島第一原発事故で稼働を停止した原発の代替 燃料の輸入が急増したことなどで膨らんだ。貿易赤字は過去最高とな り、1月には2兆8000億円に達した。

ゴールドマンの馬場氏は「日銀による大きな誤算は、円安による望 ましい効果であるはずだった輸出数量増加が見えてこないこと」と指摘 した。

黒田総裁は先月、「輸出については4月にプラスになった後、5月 はマイナスとなるなど伸びが弱く、回復若干後ずれしている感があるの はその通りだ」と述べた。

交易条件の悪化

内閣府は「2014年度年次経済財政報告」の中で「円安方向への動き により交易条件は悪化し、それに伴って交易利得も悪化する傾向がある が、その影響が大きくなっている」と述べた。内閣府の試算によると、 今年1-3月(第1四半期)までの5期間で交易損失は3倍に拡大し、 そのほとんどが為替に起因している。

第一生命経済研究所の星野卓也エコノミストによると、鉱工業全体 の総供給に占める輸入品の割合である輸入浸透度は、11年にピーク の24.4%をつけ、その後も23%台に高止まりしている。星野氏は「円安 になると、直接物価に対する影響が出やすくなる」と指摘した。

野村総合研究所金融ITイノベーション研究部の井上哲也部長は 「CPIだけ上がっていくと、日本全体としての実質購買力が下がる。 日銀は非常に困ってくる。こういう形で物価が上がるとインフレ目標を 達成しても正常化できない」と語った。

--取材協力:Isaac Aquino.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE