シティやアクセンチュア,アルゼンチンで数百人規模採用進める

シティグループとアクセンチュア、 JPモルガン・チェースはアルゼンチンのブエノスアイレスで技術職数 百人の採用を進める。ブエノスアイレスを自社の地域技術拠点にするこ とを目指した動きだ。アルゼンチンは7月にデフォルト(債務不履行) 状態に陥っている。

コンサルティング会社、アクセンチュアはアルゼンチンで700人の 採用を進めていると、同社のセルジオ・カーフマン氏は明らかにした。 シティは現在の430人体制から、状況次第では来年の早い時期に同地域 で約2割の増員を見込んでいる。事情に詳しい関係者は、具体的な規模 は示さずにJPモルガンも採用を進めていると語った。

アルゼンチンの識字率は中南米トップで、労働者の処理能力は高い と、シティの同国部門の責任者ガブリエル・リビシチ氏は指摘。また、 ブラジルとチリに比べてアルゼンチンは労働コストが低いとも説明し た。

原題:Citigroup, Accenture Hire Hundreds for Tech Hub in Buenos Aires(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE