中国:7月のCPI、前年同月比2.3%上昇-PPI0.9%低下

中国の7月の消費者物価指数 (CPI)は引き続き今年の政府目標を下回る伸びにとどまった。

国家統計局が9日発表した7月のCPIは前年同月比2.3%上昇 と、6月の実績およびブルームバーグ調査の予想中央値と同じだった。 7月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比0.9%低下と、こちらも ブルームバーグ調査の予想中央値と一致。

マッコーリー証券の中国経済部門責任者、胡偉俊氏(香港在勤)は 「この日発表された7月のCPI上昇率が比較的低水準だったことは、 当局が緩和気味の政策を維持する余地があることを示唆している」と指 摘し、「経済が安定してきているため政策の引き締めが始まるのではな いかとの懸念が存在しているが、インフレ圧力が依然として抑制されて いることから短期的にそうしたシナリオは予想しにくい」と語った。

ブルームバーグ調査では、7月のCPIの予想レンジは前年同月 比2.0-2.6%上昇。PPIの予想レンジは0.6-1.4%低下で、6月実績 は1.1%低下だった。

PPIは7月まで2年5カ月連続で前年同月比で低下。これは1997 -99年まで2年7カ月連続以来の長期低下局面となる。ただ、7月 は2012年4月以来となる小幅な低下にとどまった。国家統計局はこの 日、工業市場で需給状況が改善しつつあるとの認識を示した。

中国政府は今年のCPI上昇率を約3.5%、成長率は約7.5%を目標 にしていると、李克強首相が3月に発表している。

原題:China Inflation Remains Below Target as Producer Prices Drop (1)(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE