中国、誓約しなかったアップルの製品を調達から除外-関係者

米アップル製品が中国政府の調達リ ストから除外されたのは同社が国および公共の利益に反しないとの誓約 を含めた書類を提出しなかったためだと、事情に詳しい複数の政府当局 者が明らかにした。

この件について公の場で話す権限がないとして当局者が匿名を条件 に述べたところによれば、財政省のこの書類は、詳細な製品情報も記さ なければならないものだった。必要な情報の種類は特定されていないと いう。

政府調達のウェブサイトによると、別の調達リストには省庁が小規 模で購入し続けることが可能な一部のアップル製コンピューターが記載 されており、購入総額を120万元(約1990万円)未満と規定している。

財政省は7日夜、ブルームバーグ・ニュースからのファクスでの問 い合わせに対し、「規定と義務にのっとった必要書類が提出されなかっ た」と説明した。アップル広報担当の呉青穎氏(北京在勤)はコメント を控えた。

アップルが書類を提出しなかったことで同社製品に関するセキュリ ティー上の懸念が生じたと当局者は指摘した。当局者によれば、財政省 の書類は国や公共の利益を具体的に定義していない。

--取材協力:Adam Satariano、Nicholas Wadhams.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE