新興市場株:下落、イラク情勢緊迫で-週間では2週連続安

8日の新興市場株式相場は下落。こ のままいけば週間ベースで2週連続の下げとなる。イラクやウクライナ での緊張の高まりが世界的な景気回復を妨げるとの懸念が広がった。新 興国の通貨も値下がり。ロシア・ルーブルは7営業日続落となった。

韓国のサムスン電子はソウル市場で4カ月ぶり安値を付けた。韓国 とマレーシア、フィリピン、インドの株価指数はいずれも1%を超える 値下がり。一方、ロシア株は反発した。

ルーブルとトルコ・リラは対ドルで3月の安値水準に下落。地政学 的リスクを受けてより安全な資産への需要が高まり、韓国国債相場は上 昇した。

MSCI新興市場指数はロンドン時間午前9時11分(日本時間午後 5時11分)現在、前日比0.8%安の1042.79。今週は1.6%下落してい る。

--取材協力:Liau Y-Sing、Weiyi Lim、Kana Nishizawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE