中国・香港株:上海総合指数、4日ぶり反発-貿易統計を好感

中国株式市場で上海総合指数は4営 業日ぶりに反発。週間ベースでは4週連続高となった。中国が8日発表 した7月の輸出は市場予想に反して伸びが加速した。香港市場のハンセ ン中国企業株(H株)指数は下げ幅を縮めて引けた。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.3%高の2194.43で終了。消費関連銘柄が高い。週間ベースでは昨 年12月6日終了週以来の長期の上げ。上海、深圳両証取のA株に連動し ているCSI300指数は前日比0.2%高。前週末比でもプラスを確保し た。

アップルに製品を供給する歌爾声楽(002241 CH)や深圳市大族激 光科技(002008 CH)が高い。乳製品メーカーの内蒙古伊利実業集団 (600887 CH)は1.9%高と、3日ぶりの上昇に転じた。

中原証券の張剛ストラテジスト(上海在勤)は「投資家が統計に反 応した」と指摘。「輸出の伸びが予想を下回るとの懸念で前日は下落し た。妥当な結果だ」と述べた。

香港株式市場でハンセン指数は前日比0.2%安の24331.41。一時 は0.8%安となった。H株指数は前日比0.4%安。一時1.5%下げる場面 もあった。H株指数は今週1.4%下落した。

--取材協力:Jonathan Burgos.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE