独BMW:中国で自動車部品価格を引き下げ-独禁調査強化で

ドイツの自動車メーカーBMWは、 中国で自動車部品の価格を引き下げると発表した。自動車業界を対象と する独占禁止法調査が進む中国では、独ダイムラーの高級車部門メルセ デス・ベンツや独フォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディもこれま でに値下げする方針を明らかにしている。

BMWが7日遅くに電子メールで送付した発表資料によると、2000 を超える部品を対象に11日から平均20%の値下げを実施する。同社はま た、北京や上海などの大都市で正規販売店の店舗を増やし、独立系整備 工場への純正部品の販売を通じて顧客に一段の選択肢を提供する方針を 示した。

世界最大の自動車市場である中国は、外国の自動車メーカーによる 自動車・同部品の価格設定について調査を強化している。

BMWは発表資料で、「最近、中国国家発展改革委員会(発改委) 価格監督検査局から自動車業界とアフターサービス部門における既存の 問題について強い懸念が表明された」と指摘。「当社は事態を注視して おり、対応策として卸売価格を引き下げ、純正部品の流通を促進するた めの取り組みを進めている」と説明した。

原題:BMW Cuts Spare-Part Prices in China Amid Antitrust Investigation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE