アルゼンチン大統領:米地裁判事が国の主権踏みにじる-演説

アルゼンチンのフェルナンデス大統 領は、デフォルト(債務不履行)債をめぐる債権者との裁判を担当する 米連邦地裁判事が同国の主権を侵害し、受託銀行の義務遂行を免れさせ ていると述べた。

連邦地裁のトーマス・グリーサ判事はアルゼンチンが債務再編を拒 否した債権者への返済資金を確保しなかったとして、同国による5 億3900万ドル(約550億円)の利払いを阻止している。フェルナンデス 政権は、利払い金を受託銀行のバンク・オブ・ニューヨーク(BNY) メロンに預託し利払いを履行したと主張、デフォルトには当たらないと の立場を示している。

フェルナンデス大統領は国民向けの演説で「この地裁判事は国の主 権を踏みにじり、われわれを法的に宙ぶらりんの状況に追い込もうとし ている」と語った。

原題:Argentina’s Fernandez Says U.S. Judge Trampling Sovereignty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE