ファニーメイ、財務省に37億ドル支払いへ-10四半期連続黒字

米政府管理下にあるファニーメイ (連邦住宅抵当金庫)の4-6月(第2四半期)決算は10四半期連続の 黒字となった。これを受けて来月には米財務省に37億ドル(約3780億 円)を支払う。

7日の当局への届け出によると、4-6月期の純利益は37億ドル と、前年同期の101億ドルから減少。借り換えブームの終わりで住宅ロ ーンの組成が減った。

ブルームバーグのデータによると、ファニーメイが4-6月期に購 入した米住宅ローンのシェアは51%と、前年同期の46%から低下した。 全米抵当貸付銀行協会(MBA)によると、4-6月期の住宅ローンの 貸し付けは前年同期を50%下回った。金利上昇で借り換え需要が落ち込 んだという。

住宅不況をきっかけに6年前に政府管理下に入ったファニーメイ は、2年前に始まった不動産市場の回復で利益が急増。2013年の利益は 過去最高の840億ドルと、市場が機能不全に陥った前年の06年(41億ド ル)を20倍余り上回った。ファニーメイには1160億ドルの公的資金が注 入されたが、来月の支払い分を含めると国庫への納付額はこれを上回 る1305億ドルに達する。

原題:Fannie Mae Will Pay Treasury $3.7 Billion After Quarterly Profit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE