NY外為:ドルが対ユーロで約9カ月ぶり高値-政策の違いで

7日のニューヨーク外国為替市場で はドルが対ユーロでほぼ9カ月ぶりの高値に上昇。欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁は金融政策の方向が米国と長期にわたって乖離 (かいり)する可能性を示唆した。

ドルは主要16通貨のほとんどに対して上昇。米失業保険申請件数が 前週比で減少し、4週平均は8年ぶりの低水準となった。ロシア・ルー ブルは3カ月ぶり安値。ウクライナ情勢の緊迫化が影響した。豪ドルは 対米ドルで1カ月ぶりの大幅安。オーストラリアの失業率が上昇し、利 下げ観測が再び強まった。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダのRBCウェルス・マネジメント でグローバル・ポートフォリオアドバイザーを務めるアラン・ロビンソ ン氏(シアトル在勤)は電話インタビューで、「ファンダメンタルズの 影響も出てきて、市場はユーロ安局面に入ったとの認識がある」と述 べ、「過去数カ月間で何か変化があったとすれば、地域経済の内容が予 想以上に異なるということがはっきりした点だ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.1%上昇して 1ユーロ=1.3364ドル。前日は11月8日以来の高値となる1.3333ドルを つけた。ユーロはこの日、対円で0.2%下げて1ユーロ=136円43銭。円 は対ドルでほぼ変わらずの1ドル=102円10銭。

ルーブルはドルとユーロから成るロシア中央銀行の通貨バスケット に対し、6日続落して0.3%安。一時は5月6日以来の低水準まで下げ た。

豪ドルが下落

豪ドルは主要31通貨の大半に対して下げた。豪統計局によれば、7 月の失業率は6.4%と、前月の6%から上昇。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト24人の予想中央値は横ばいの6%だった。雇 用者数は前月比300人減少した。

豪ドルは対米ドルで0.9%下げた。一時は1%安と7月3日以来で 最大の下げを記録した。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、豪ドルは年初来5.5%上昇し、10カ国通貨のうち最大の上昇 率。円は4.6%上昇、ドルは1%高。一方、ユーロは2.1%下落した。

ドラギ総裁発言

イタリアがリセッション(景気後退)に逆戻りし米欧とロシアの間 の対立が深刻化する中で、ユーロ圏経済への逆風は強まっている。 ECBのドラギ総裁はユーロ圏の景気回復を損ねるリスクは増している との認識を示した。

ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で「地政学的リスクの高まりと 新興市場国・地域および国際金融市場の動向が、経済環境に悪影響を与 える可能性がある」と述べた。ECBはこの日のフランクフルトでの会 合で、政策金利を据え置いた。総裁は「中長期的なインフレ期待を確実 にしっかりと安定させることを強く決意している」と言明した。

総裁はこれまでに、インフレ見通しを悪化させるような経済への外 的ショックは大規模な資産購入の引き金となり得ると述べている。

一方の米金融当局はこのままのペースで資産購入の縮小を継続した 場合、10月には終了する見通しだ。先物動向によると、2006年以来で初 となる利上げは来年7月までに実施されると見込まれている。

労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は28万9000件と、前週の30万3000件から1万4000件減少した。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は30万4000件だっ た。

原題:Dollar at Almost 9-Month High Versus Euro as Policies Diverge(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate、Candice Zachariahs.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE