NY原油(7日):反発、イラク最大のダムを過激派が制圧

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反発。イスラム過激 派武装勢力がイラク最大のモスル・ダムを制圧したことから、被害や混 乱の深刻化が懸念された。米政府がイラク空爆を検討していることも影 響した。北海ブレント原油も高い。

エナジー・アナリティクス・グループのディレクター、トム・フィ ンロン氏(フロリダ州ジュピター在勤)は電話取材に対し、「きょうは イラクから懸念されるニュースが流れた」と指摘。「国際的な供給に敏 感なブレントの方が、WTIより強く反応している」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比42セント(0.43%)高の1バレル=97.34ドルで終了した。

原題:Brent Crude Rises From Nine-Month Low on Iraqi Unrest; WTI Gains(抜粋)

--取材協力:Aziz Alwan、Ladane Nasseri、Mariam Fam.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE