NY金:続伸、2週間ぶり高値-ウクライナ情勢受けた株安で

ニューヨーク金先物相場は続伸。2 週間ぶりの高値となった。米株式相場の下落を背景に、代替投資の買い が減退した。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア市場ストラテジスト、ト ム・パワー氏は電話インタビューで、「ウクライナ情勢の不透明感を要 因に株式相場が下げ、金を押し上げている」と指摘。「欧州をめぐる懸 念から、株式から金に流れている資金もある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.3%高の1オンス=1312.50ドルで終了。一時は1315.50 ドルと、中心限月としては7月22日以来の高値をつけた。

原題:Gold Rises to Two-Week High as Equities Fall on Ukraine Conflict(抜粋)

--取材協力:Olga Tanas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE