ロシア、スノーデン容疑者に滞在延長許可-一時亡命期限切れ

米政府の情報監視活動を暴露し、ロ シアに亡命した米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン 容疑者は、さらに3年間のロシア滞在許可を得た。同容疑者の弁護士が 明らかにした。

スノーデン氏は昨年ロシアから1年間の一時亡命が認められていた が、7月31日で期限切れとなっていた。弁護士のアナトリー・クチェレ ナ氏は7日、モスクワで記者団に対し、スノーデン氏は2018年半ばにロ シア市民権の申請が可能になると語った。クチェレナ氏は「スノーデン 氏は特別な配慮で滞在許可を得たのではない」と説明した。

原題:Snowden Gets 3-Year Russia Residency as Temporary Asylum Expires(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE