ドラギ総裁のハト派色は不十分、期待外れ-アナリストの見方

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁の記者会見の内容は将来の政策措置の詳細への言及がなく、これは景 気や地政学上の最近の展開に照らして幾分の驚きだったと、アナリスト らが指摘した。

◎ダンスケ銀行のチーフアナリスト、イェンス・ペーター・ソエレンセ ン氏(インタビューで)

タイト化していた周辺国国債のスプレッドが幾らか拡大したのは投 資家がもう少し安心できる発言を期待していたことを示唆する。

◎マーケット・セキュリティーズのチーフエコノミスト、クリストフ・ バロード氏(電子メールで)

会見内容はやや期待外れだった。ドラギ総裁が回復は弱く脆弱(ぜ いじゃく)でまだら模様と認めたにもかかわらず、ECBは目先、新た な措置を採用する用意はないようだ。

原題:Draghi’s Dovishness Falls Short of Expectations, Analysts Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE