新興市場株:3日続落、ウクライナめぐる懸念で-中国株下落

7日の新興市場株式相場は3営業日 続落。中国株の下落と、ウクライナをめぐる緊張の高まりが響いた。世 界銀行がフィリピンの成長率予想を引き下げたことを受け、フィリピ ン・ペソは値下がりした。

中信証券は香港市場で2%安。7月の利益減少がマイナス材料。テ ンセント・ホールディングス(騰訊)などテクノロジー株が安い。7月 の貿易収支の発表を8日に控えた中国本土の市場では、指標の上海総合 指数が1カ月ぶりの大幅下落。ロシア株の指標のMICEX指数は3カ 月ぶりの安値を付けた。金属・鉱山会社メケルなどが下げている。

フィリピン・ペソはドルに対して6週間ぶり安値に下落。韓国ウォ ンは0.4%安。

MSCI新興市場指数は香港時間午後2時8分(日本時間同3時8 分)現在、前日比0.3%安の1053.66。このまま終われば7月1日以来の 安値となる。

原題:Emerging Stocks Drop Amid Ukraine Tension as China Shares Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE