チューリッヒ・インシュアランス:4-6月は6%増益

スイス最大の保険会社、チューリッ ヒ・インシュアランス・グループの4-6月(第2四半期)利益は前年 同期比で6%増加した。自然災害による損害が減ったことが業績を支え た。

7日の発表資料によると、純利益は8億3700万ドル(約854億円) と、前年同期の7億8900万ドルから増加した。ブルームバーグが集計し たアナリスト7人の予想平均(9億4700万ドル)は下回った。

マーティン・セン最高経営責任者(CEO)は発表文で、「当社は 経営戦略の遂行と目標達成で明らかに前進している。3カ年計画の初期 段階ではあるが、2014-16年の目標に向かって順調に進んでいる」とコ メントした。

チューリッヒは昨年12月、株主資本利益率(ROE)目標を従来 の16%から12-14%に引き下げた。同社は最大800人の削減を通じて年 間2億5000万ドルのコストを節減する計画。中東の損害保険事業で53人 減らし、今年これまでに670人を合理化した。

大規模な災害や天候関連の損害が発生しなかったため、主力の損保 事業の営業利益は44%増の8億700万ドル。生命保険事業の営業利益 は11%減の3億1500万ドル。

原題:Zurich Insurance Profit Rises 6% After Fewer Catastrophe Claims(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE