伊プラダ:2-7月の売上高、香港上場後で最低の伸び率

高級ファッションブランドを展開す るイタリアのプラダの2-7月(上期)売上高は、半期ベースとして は2011年6月の香港上場後で最も低い伸び率にとどまった。経済や政治 情勢が不安定となる中で、欧州や一部のアジア地域での需要鈍化が重し となった。

同社が香港証券取引所に6日提出した暫定集計によれば、2-7月 の売上高は前年同期比1%増の17億5000万ユーロ(約2400億円)。ブル ームバーグがまとめたアナリスト4人の予想中央値では17億4000万ユー ロと見込まれていた。13年2-7月は11.6%増、今年2-4月(第1 四半期)は0.6%減少だった。

地域別では欧州が1%減。経済状況の弱さが国内需要に影響する中 で観光業の落ち込みが響いた。一方、日本では為替変動の影響を除いた ベースで19%増加し、米州も14%増えた。中国でも売上高の伸びが加速 し、12%増となった。アジア太平洋地域全体では韓国や香港、シンガポ ールの販売不振で、2%増にとどまった。

原題:Prada’s Sales Growth Slows as Demand in Asia, Europe Weakens (1)(抜粋)

--取材協力:Billy Chan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE