アジア・太平洋株式サマリー:ハンセン指数下落、中・印も下げる

更新日時

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数がほぼ2週間ぶりの安値となっ た。カジノ株のほか、テンセント・ホールディングス(騰訊)が安い。

資産家の吕志和氏が経営権を握るカジノ運営会社ギャラクシー・エ ンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団、27 HK)は6.4%安。サ ンズ・チャイナ(金沙中国、1928 HK)は5.8%下げた。6日遅くに発表 されたマカオの7月のカジノ収入の内訳で、大衆向けサービス収入の伸 び率が月間ベースで少なくとも2010年以来の低水準となったことが響い た。

テンセント(700 HK)は3.5%安。中国政府が簡易メッセージサー ビスの規制を強化すると新華社通信が伝えた。中国2位の携帯電話サー ビス会社チャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)は1.5%安。同社は 取引終了後に決算を発表した。

ハンセン指数は前日比0.8%安の24387.56と、7月25日以来の安値 で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.9%安の10876.61。

敦沛証券のバイスプレジデント、ジャクソン・ウォン氏(香港在 勤)は「香港は値固め局面に転じている」と指摘。「業務データが改善 するまで、カジノ株はなお弱いトレンドが続く」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は6月以来の大幅下落。金融やエネルギー株などが値 下がりした。成長見通しに比べて最近の株高は行き過ぎとの見方が広が った。

中国最大の銀行、中国工商銀行(601398 CH)は1.7%安。石油会社 として中国最大手のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は2カ月 ぶりの大幅安。7月の貿易統計の発表を8日に控え、自動車メーカーの 上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)とビールメーカーの青 島ビール(600600 CH)など消費者関連銘柄も値下がりした。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は3 日続落。終値は前日比1.3%安の2187.67と、6月19日以来の大きな下落 率となった。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数 は1.5%安。

申銀万国証券のトレーダー、ジェリー・アルフォンソ氏(上海在 勤)は電子メールで、「投資家の間では上昇の持続性についてコンセン サスがなかったようだ」と指摘。「長期的な相場見通しは引き続き良好 だが、かなり多くの投資家が一部の銘柄について今が売り時だと決めて いることは明らかだ」との見方を示した。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は続落し、前日比0.3%安 の25589.01で終了。ソフトウエア銘柄の下げが目立った。米コグニザン ト・テクノロジー・ソリューションズが売上高見通しを下方修正したこ とが売り材料。 *タタ・コンサルタンシー・サービシズとインフォシス、HCLテクノ ロジーズなどのソフトウエア輸出銘柄がそれぞれ少なくとも1.5%安と なった

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比2.99ポイント(0.1%)安 の5509.01。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.22ポイント(0.3%)安の2054.51。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比12.53ポイント(0.1%)安の9131.44。