BOA最大1.7兆円支払い米当局と合意近い、住宅証券-関係者

米銀バンク・オブ・アメリカ (BOA)は金融危機が深刻化する前に販売した住宅ローン担保証券を めぐる米連邦・州当局の調査および捜査を決着させるため、160億-170 億ドル(約1兆6300億-1兆7400億円)を支払うことで米司法省と合意 に近づいている。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

非公開情報であることを理由に同関係者が匿名を条件に語ったとこ ろでは、BOAが現金約90億ドルを支払い、消費者救済プログラムに残 りの資金を拠出する条件が提案され、詳細について詰めの協議が続いて いる。

関係者によれば、ホルダー司法長官とBOAのブライアン・モイニ ハン最高経営責任者(CEO)が先週電話で協議し、大筋で合意が成立 した。ホルダー長官は7月30日の電話会談で、司法省が求める約170億 ドルに近い額を支払う用意がなければ、ニュージャージー州で訴訟を起 こすことも辞さないと伝えたという。

BOA広報担当のローレンス・グレイソン氏と司法省のブライア ン・ファロン報道官は、住宅ローン担保証券をめぐる合意についていず れもコメントを控えている。

原題:BofA Said to Near Mortgage Accord for as Much as $17 Billion (2)(抜粋)

--取材協力:Dakin Campbell、Hugh Son.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE