エールフランスとルフトハンザに打撃か-ロシア飛行規制なら

ロシアがウクライナ危機をめぐり欧 州連合(EU)が発動した対ロシア制裁への報復措置としてシベリア上 空の飛行を制限した場合、最も大きな打撃を受けるのはフランス・オラ ンダ系航空会社エールフランス・KLMグループとドイツのルフトハン ザ航空になりそうだ。

航空機の追跡サービスを手掛けるフライトレーダー24がブルームバ ーグに提供したデータによれば、先週中にウラル山脈の東の空域を通過 したフライトは39の航空会社の計1600便で、そのうちEU加盟国の航空 会社14社のフライトが約半分を占めた。

ロシア発着便を除いた同データによると、最も影響を受けるのは欧 州と日本、中国北西部、韓国を結ぶ便となる。先週、シベリア上空を通 過した便数はエールフランスとKLMが計249、ルフトハンザ(オース トリア、スイス両部門を含む)が220だった。

原題:Russia Air Curbs Pose Biggest Threat to Air France, Finnair (1)(抜粋)

--取材協力:Ksenia Galouchko、Andrea Rothman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE